いろいろと詮索されるのは困ります。

会社の同期は入社以来ずっと励ましあってきたメンバーでプライベートでも仲良くしています
高卒だったり大卒だったりと年齢的にはばらつきがありますが、女性同士いろいろと抱える悩みも似たようなものがありますから相談する仲間も出てきました。
ただ、やっぱり中には噂好き・詮索好きなタイプもいたりして困ることもあるのです。
仲のいい同期ですが、ひとりだけしつこくいろんなことを聞いてくる人がいます。気はいい人だとわかっていても、私はもともとあまりプライベートなことをあれこれ聞かれるのは好きではありません。他人のプライベートな話をいろいろと気にする人に限って、あまり自分のことは言いたがらないものです。
そのわりにいろんな方法で個人情報を引き出そうとされたりします。
私の夫は外国人なので、それでなくてもいろいろとまったく知らない人からでも興味本位であれこれと噂をされたりするのです。だから自分から話したりするのではない限り、日常生活のことをあれこれと他人に話したくはないのです。ところが詮索好きの彼女は、「旦那さんの写真なないの。」とか「毎日どんな話をしているの。」「英語と日本語、どちらで会話することが多いの。」と飽きることがありません。写真などは結婚のときに一度見せたことはありますが、他人にそんなにしょっちゅう自分の家族の写真を職場で見せるものでしょうか。
ましてや日常の夫婦の会話の内容なんて、普通は毎日報告しなければならないことではないと思います。国際結婚に興味のある人・外国人とお付き合いしたいという人も増えているそうですが、日本人同士の結婚・お付き合いとなんら変わることはありません。関西と関東でもお互いに育った環境や地域文化が違うということでは同じです。
いくらそう説明しても、「そんなことないでしょ。」と言うわけです。あれこれ聞かれて適当に流していると、今度は「彼女は隠し事をするタイプ」とか「国際結婚したからといって気取っている」などと冗談で言われたりすることもあります。特に仲のいい人は「気にしないこと・相手にしないことが一番よ。」と言ってくれますが、あまり気持ちのいいものではありません。
上手なかわし方がないものか、探しているところです。
中小企業の知的財産を融資等につなげる支援を実施します~地域金融機関から「知財ビジネス評価書」の作成の申込みを受け付けます~
知的財産を有している中小企業では、自社の保有する知的財産のビジネス上の価値を評価された上で地域金融機関から資金調達をしたいというニーズがある一方で、地域金融機関には、特許等の技術内容から事業性を評価できる人材が不足しており、融資につなげることが (続きを読む)

広告